ページの先頭です。
3階フロアのMusasino-1B
コンテンツエリアはここからです。

お知らせ

タブレットガイドのご案内

タブレットガイドポスター画像
(画像クリックで拡大)[PDF 853KB]

さまざまな来館者が自由に展示を見て回りながら楽しく電気通信に関する理解を深められるよう、タブレットガイドの貸出しをしています。
展示の解説映像や、おすすめ見学コースをご覧になれます。ご来館の際は、ぜひご利用ください。

また、2017年9月に、タブレットガイドをリニューアルいたしました。

  • 研究所の研究成果である「かざして案内」で史料の詳細をご覧いただけます。
  • ガイドマイスター映像が字幕付になり、より便利になりました。
  • 英語版のコンテンツもご用意しています。

パワーアップしたタブレットガイドで、ぜひNTT技術史料館をお楽しみください!
※お貸出し数には限りがありますので、あらかじめご了承ください。

タブレットを使う女の子の画像

タブレット本体の画像

タブレット画面の画像

かざして案内について

かざして案内は、スマートフォンやタブレットなどのカメラを看板や物体にかざすだけで、対象の情報を表示することができます。 羽田空港国際線の実証実験などを通じ、情報ユニバーサルデザイン高度化実験を推進しています。
(ニュースリリース 2017年8月8日: 羽田空港の情報ユニバーサルデザインの公開実証実験を開始します)

技術のポイント
  • アングルフリー物体検索技術:
    どのような方向から撮影しても、高精度に物体を認識・検索し、関連情報を提示できる技術です。従来は事前にデータベースに100枚程度の画像が必要でしたが、本技術では従来の1/10以下まで削減できます。
  • ユニバーサルオブジェクト認識技術:
    様々な認識手段を統合管理する技術です。複数の認識手段を組み合せることで、利用者に認識手段を意識させることなく多種多様なアイテムの認識を可能とします。また共通的なAPIにより、様々なクライアントアプリ(ブラウザ含む)から利用可能です。

「ミュージアムICTショーケース」に関するニュースリリース(2015年9月8日)

Bunkamura・NTT技術史料館での「ミュージアムICTショーケース」の開催について

ページトップへ戻る